電話確認なしでクレジットカード現金化はできる?

調査員:Shinji
クレジットカード現金化の業者選びをする際、電話による本人確認をしない業者に潜むリスクをご存知でしょうか?
残念ながら、業者の中には悪徳業者も少なからず存在します。
あとで後悔しないためにも、業者を選ぶときに注意すべきポイントを解説します。
また、実際にどの業者を選べばいいのか迷ってしまうこともあるでしょう。
そこで、業者を徹底的に比較調査しましたので、厳選した3つの優良店をご紹介します。

「本人確認の電話があるのか、ないのか」
とてもささいなことのように思えます。

そんなささいなテーマの中に隠れた危険を知らない人も多いでしょう。

クレジットカード現金化業者の中には、詐欺まがいのことをしている悪徳業者も少なからずあります。
これは絶対に避けなければいけません。

早く現金を手に入れたいですが、できるだけスムーズで安全に行いたいですよね?

そこでこのページでは、業者を選ぶ際のリスクを最小限にするため、あらかじめ知っておかなければならない大切な情報をお伝えします。

クレジットカード現金化を利用するには電話確認が必要な理由

クレジットカード現金化の業者を利用するとき、身分証明書を提出するほか、電話による本人確認が必要となります。

ではなぜメールではなく、電話で確認する必要があるのでしょうか?

身分証の不正利用やなりすましを防ぐため〉

本人確認は、申込みのときに提出された身分証明書で行われています。
しかし、業者にとっては、クレジットカードが不正利用されていたり、他人のものである可能性は捨てきれません。

その確率を少しでも減らすために、口頭による本人確認を行なっています。

カードの不正利用が発覚した場合、カード会社は決済を無効にする可能性があります。

そうなると代金の支払いが行われず、取引きそのものが成立しないか、もしくは業者が損害をこうむってしまうことになります。

そのため、ほとんどの業者が電話確認を行なっています。

電話確認で何を聞かれるのか?

申し込み時に記載された電話番号に、業者から連絡がきます。

電話で話す内容

  • 本人確認
  • サービスの説明
  • 申込み内容の確認

これらのかんたんな質問に答えるだけで、数分で終わります。

また、トラブルを避けるために、あらためてサービス内容についての説明があり、内容に間違いがないか口頭で利用者の確認を得ます。

電話確認は初回利用時のみ行われ、2回目以降は省略することができます。

電話は会社にかかってこない?

勤務先に電話をかけてくることは一切ないので、上司や同僚にバレる心配はありません。

クレジットカードを作る場合は、本当に利用者が申込書に書かれた会社に勤めているのか、審査のための在籍確認があります。

ですが、クレジットカード現金化に在籍確認は必要ないので、安心してください。

本人確認に必要な身分証明書の内容

現金化業者の種類によっては、中古品(古物)の取引きをすることになるため、古物営業法という法律に基づいて、身分証明書の提出が必要となります。

自宅の不用品をゲオブックオフで売るときにも身分証明書の提示を求められますよね?
それと同じです。

身分証明書として有効なもの

身分証明書の種類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 年金手帳
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード
  • 障害者手帳
  • 在留カード(外国人の場合)

運転免許証は、住所変更をしたとき、新しい住所が裏面に記載されるので、表と裏の両面を撮影して提出する必要があります。

身分証明書に顔写真がない場合

健康保険証や年金手帳など、身分証明書には顔写真がついていないものがあります。

その場合は、

  • 身分証明書を手に持った状態で自撮りする(セルフィー画像)
  • 公共料金の明細と一緒に提出する

など、業者によって対応が異なります。

「本人確認不要」を謳う業者は使わない方が良い理由とは?

現金化したい人の中には、電話のやり取りが苦手だったり、本人確認がない方が手間がかからず楽だと感じる人がいるかもしれません。

しかし、そのような業者を選ぶのはリスクがあります。

法律に違反している可能性がある

「買取方式」によって現金化が行われる場合、本人確認を行うことが法律(古物営業法)で義務づけられています。

買取方式とは、ブランド品や金券など、換金率の高い商品を購入し、それを業者に売ることで現金を得る方法です。

この買取式を採用している現金化業者は、本人確認が必須となるのです。

悪徳業者の可能性が高まる

本人確認を不要としている業者は、古物営業の許可を取っていない恐れがあります。

そのようなまともでない業者は、詐欺まがいのことを行なっている可能性が高くなります。

利用してしまうと、詐欺のリスクが高まるので避けるべきです。

想定されるトラブル

  • クレジットカード番号を盗まれる
  • 商品を購入したのに現金が振り込まれない
  • 説明とは違う金額が振り込まれる

必ず本人確認を行なっている業者を選びましょう。

おすすめ優良店

プライムウォレット

プライムウォレット

『プライムウォレット』の特徴
特徴現金化サービス業界において、買取金額第1位、顧客満足度97.8%の圧倒的な信頼度を誇ります!
面倒な審査や来店は一切不要。
審査、担保、保証人も不要なので、見積りから振込みまで10分で完了します。
WEBからのお申込みなら、24時間365日受付けています。
換金率88~98%
入金スピード最短10分、即日振込
キャンペーン15時まで還元率5%アップ!

インパクト

『インパクト』の特徴
特徴30万円未満の換金率が他社と比べてとても高く設定されています。
最低換金率保証宣言をうたっており、換金率が他社より1%でも低い場合は、電話すれば対応してもらえる可能性があります。
換金率93~98.6%
入金スピード最短5分
キャンペーン新規申込みで換金率2%アップ!

電話なしクレジットカード現金化でよくある質問

キャッシュバック式を採用している業者の場合、買取式と違って古物営業法は関係ないので、法的に電話確認の義務はないのですか?
法的には電話確認の必要はありません。ですが、カードの不正利用を防ぐために電話での本人確認をするのが普通です。
カードの不正利用が発覚した場合、決済が無効になってしまう可能性があります。
電話確認なしの業者を選ぶとき、どんなリスクがある?
電話による本人確認を行っていない業者は、利用者の個人情報を収集することを目的とした悪徳業者である可能性があります。
個人情報が売られて流出してしまったり、クレジットカードを不正利用されて被害を受ける恐れがあります。そのような業者は利用しないのが無難です。
電話確認なしの業者の中で、優良店はないのでしょうか?
どちらとも言えません。どちらにせよ、見極めることは困難でしょう。
カードの不正利用などのリスクを負ってまで電話確認をしないというのは、何か裏があるのかもしれないと考えた方がよいです。
ムダにリスクを増やすだけなので、電話確認を行なっている業者を選びましょう。

電話なしクレジットカード現金化のまとめ

クレジットカード現金化業者を選ぶときの注意点やオススメの優良店について説明してきました。

無用なトラブルを避けるためには、電話確認をしない業者を避け、ちゃんと本人確認をする優良業者でを選んでください。

今回の重要ポイント

  • 電話確認不要の業者は、悪徳業者である可能性が高い
  • 買取式によって現金化する業者においては、本人確認をすることが古物営業法で義務づけられている
  • クレジットカード現金化には、在籍確認が必要ないので、職場に電話をかけてくることは一切ない

クレカ現金化は、業者と同じ作業をセルフで行うことで実現することも不可能ではないですが、かなりの労力と時間がかかり、リスクをともないます。
やはり信頼できる業者を利用するのが得策だと言えます。

このページを参考にして、安全にクレジットカード現金化を行なってみてください。

  • この記事を書いた人

Shinji

某有名大学の経済学部を卒業後、大手商社を経て独立。現在はライター業の傍らイベントを企画・主催。人と人との架け橋となっています。 薄い付き合いのように思われますが、出会った人とのご縁は大事にしています。 さまざまな経験の中で、お金のやりくりには苦労したことも…。 現金化については注意点もきちんとお伝えします。