家族にもバレずにクレジットカード現金化をする方法

家族にもバレずにクレジットカード現金化をする方法

調査員:Shinji
家族(同居人)に現金を借りることができないのに、クレジットカード現金化がバレちゃうなんて絶対に避けたいよね。
このページでは家族(同居人)にバレないようにクレジットカード現金化をする方法を説明しているよ。

急に現金が必要になった際に便利なのがクレジットカードの現金化。
中には「同居家族にバレずに現金を手に入れたい」という方も多いのではないでしょうか?

本記事では、家族にバレないクレジットカード現金化の方法を紹介します。
家族にバレる原因についても詳しく解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

クレジットカード現金化利用が家族(同居人)にバレる原因5個

クレジットカード現金化利用が家族にバレる原因

クレジットカード現金化利用が家族(同居人)にバレる原因は大きく分けて5つあります。

ここからはそれぞれの原因について詳しく解説していきます。

家族名義のカードや家族カードを使う

クレジットカード現金化は本人確認が必須であり、家族名義のカードは本来他人名義のため基本的に利用できません。

しかし、中には家族名義のカードも利用できる業者もあり、場合によっては現金化が行えることもあります。
ただし、家族名義のカードは利用明細からカード名義人に現金化がバレる可能性が高いです。

何より利用停止になれば名義人がペナルティを被ることになるため、リスクの高さは否めません。
カード名義人に現金化がバレるとトラブルに発展しやすいため、利用しないほうが賢明です。

家族カードの場合は現金化利用はできても、利用明細はもちろん共通の引き落とし口座からバレることが考えられます。

自分名義のカードではない限りリスクはつきものなため、家族名義や家族カードは避けるようにしましょう。

商品が家に届く現金化業者を利用する

業者を通してクレジットカード現金化を行う場合、基本的には商品を購入することから始まります。
現金化業者の中にはクレジットカードで購入した商品が自宅に届くパターンも多いです。

キャッシュバック方式の場合は業者から商品をクレジットカードで買い取った後に購入特典として現金がもらえるため、商品の受け取りは避けて通れません。

家族がいる時に商品が届き、届いた商品から現金化を疑われることも考えられるでしょう。
また、現金は指定口座に振り込まれるため、入金履歴からバレる可能性も大いにあります。

家族がいない時に商品が届いても、後になって口座の取引履歴を問いただされる可能性を念頭に置いておきましょう。

高額・大量の商品を購入する

高額・大量の商品を購入することも、家族にバレる原因となりうるでしょう。
クレジットカードの利用明細を共有していると、身に覚えのない利用明細から家族にバレてしまいます。

あまりにも高い商品や大量の商品はショッピング枠の限度額を超えてしまうこともあるため、十分な注意が必要です。

特に、短期間で高額・大量の商品を購入する場合はクレジットカード会社から現金化を疑われる可能性もあります。
事前にショッピング枠の限度を把握しておくのはもちろん、高額・大量の商品の購入は行わないようにしましょう。

ギフト券や金券を購入する

ギフト券や金券を購入することで家族にバレることも考えられるでしょう。

ギフト券の購入は現物がないEメールタイプもあり一見安全に見えますが、普段購入しないものを頻繁に購入すること自体危険性があります。

また、Eメールタイプはメールで届き、メールの受信履歴からバレることも少なくありません。
特にギフト券や金券は換金性の高い商品であるため、カード会社に疑われないように気をつけましょう。

カード会社から利用目的を尋ねる電話連絡が入ることもあり、連絡によって家族にバレることも否めません。
そのため、ギフト券や金券の購入の際は細心の注意を払い行うようにしましょう。

支払いが遅れている

クレジットカードの支払いが遅れている場合、カード会社から支払いに関して連絡が入ることや郵便物が届くことがあります。

郵便物の督促状やカード会社からの連絡で現金化が分かり、家族からカード利用の詳細を問いただされることも考えられるでしょう。

支払いの滞納を繰り返すとクレジットカードを強制解約されるだけでなく、最悪の場合はブラックリストに載るなど社会的な信用に関わってきます。

支払い能力がないと判断されれば、新規クレジットカードの発行や住宅ローンの審査など今後の日常生活でも大きく影響するでしょう。

支払いに遅れてないことが前提ですが、もし遅れてしまった場合はすぐクレジットカード会社に連絡して返済計画を伝えることが大切です。

支払いスケジュールをしっかりと把握し、支払いが遅れることがないように計画的な利用を心がけましょう。

家族にもバレずにクレジットカード現金化をする方法

家族にもバレずにクレジットカード現金化をする方法は以下の2通りです。

それぞれ注意点もあるため、現金化を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

店舗型の現金化業者を利用する

店舗型の現金化業者を利用すれば、家族にバレるリスクを少しでも減らすことができます。
店舗に直接行ってすべてのステップが完結するため、家に商品が届いてバレるリスクを回避可能です。

ただし、現金化業者の店舗に入るところを誰かに見られる可能性はあるため、100%バレないとは言い切れません。

また、店舗まで足を運ぶ手間があり、営業時間や定休日も考慮しなければならないデメリットがあります。
地方によっては現金化業者店舗が少ないところもあるため、すべての人に平等に機会があるとは言い難いでしょう。

ネット完結の現金化業者を利用する

ネット完結の現金化業者の場合、商品が家に届かない「買取式」をとっている業者もあります。

中には購入する商品を選べる業者もあるため、利用明細を見られても怪しまれるリスクを回避できるでしょう。

さらに、事前に振込日時を確認しておけば入金をすぐに引き出すこともできます。
ネット完結という性質上店舗に足を運ぶ必要もなく、普段忙しい人でも隙間時間を使って利用できる点は大きなメリットです。

大手優良現金化業者であれば現金化にまつわるトラブルも少なく、リスクを最小限に抑えて利用できます。
家族やカード会社にバレないためにも、大手優良業者を通して現金化を行いましょう。

体験談や知恵袋の意見を参考にしてバレない対策することもできる

家族にバレずにクレジットカード現金化をしたいなら、体験談や知恵袋の意見を参考にすることも大切です。
経験者の生の声も聞けるため、対策を充実させることが可能。
悪質業者か判断するのにも役立つので、トラブルを避ける参考にもなりますよ。

体験談(失敗談)は、ちょっとした落とし穴に気づけることもあり便利です。

たとえば商品受け取りの有無は、業者によって違います。
購入商品を家族が受け取れば、怪しまれてバレるリスクが高まることに。

知っていれば事前に確認でき、知恵袋の意見を参考に対策すればバレずに済み安心です。

ただし、体験談や知恵袋などには、信頼できない書き込みもあります。
ウソを信じて後悔しないように、口コミの活用方法を理解しておくことが大切です。

クレジットカード現金化する時は知恵袋や体験談は確認しよう!

本人確認不要の業者は家族にバレないが危険度が高い!

本人確認不要の業者なら、オンラインだけですぐに現金化が完了できますよね。
家族にバレたくない場合は、こっそりと利用できるから便利に思うかも。

ただ、本人確認不要の業者は危険度が高いので利用はおすすめしません。

なぜ危険度が高いかというと、法令を守るつもりがない場合が多いからです。

特に買取方式の現金化業者は、古物営業法で本人確認は義務になっているため、行っていないなら既に悪質な違法業者です。

キャッシュバック方式なら法的には問題ないと思うかもしれませんが、なりすましなどの不正利用を防ぐつもりがないと言えるので、やはり悪質業者の可能性が高いです。

他にも本人確認の手間を省くのは、カード情報を入手したいだけの場合もあります。
現金化ができたとしても、その後で不正利用の被害に遭う可能性が高いのでとても危険です!

本人確認不要だと、他にもいろいろなリスクがあり危険度が高すぎます。
最初は家族にバレなくても、トラブルに巻き込まれればごまかせませんよね。
だから本人確認は面倒に思わず、安全な現金化には必要だと思ってください。

クレジットカード現金化は本人確認が必須である理由とは?

家族にバレない現金化に関するよくある質問

家族にバレない現金化に関するよくある質問

業者を使わずに自分で現金化できる?
どのような方法で現金化するのかによって異なりますが、基本的には業者を使わずに自分でも現金化が可能です。例えば、クレジットカードで購入した商品をオークションサイトを使って売却すれば業者を使わずに自分で現金化できます。ただし、即日現金化は難しく、急いで現金を手に入れたい方にとっては不向きです。特に現金化に慣れていない方や初心者は手間がかかって面倒だと感じることもあるため、業者を使う方が効率的に行うことができるでしょう。
安全性のある現金化業者かどうかの見分け方は?
安全性のある現金化業者かどうかの見分け方の1つは、ホームページの表記を確認することです。悪徳業者の特徴としてホームページ上の運営元情報を詳細に載せていないこともあり、実体のある会社かどうか疑わしい場合があります。また、ネット上の口コミを確認することも安全性のある現金化業者かどうかの見分ける1つの方法です。良い口コミはヤラセが含まれている可能性もあるため、どちらかと言えば悪い口コミに注目してみると良いでしょう。
クレジットカード会社に現金化を疑われた際の対処法は?
第一にクレジットカード会社からの電話連絡には真摯に対応し、現金化目的ではないことを伝えましょう。明確な利用目的をクレジットカード会社に伝えれるように、事前に疑われた時に備えることも大切です。反対に、はっきりとしない態度で受け答えができないと、ますます疑われることもあります。現金化目的だと判断されるとクレジットカードの利用を停止させられる場合もあるため、十分に注意しましょう。
クレジットカード現金化は違法ですか?
違法ではありません。
クレジットカードの現金化をすることで逮捕されるということはありません。
クレジットカードの現金化は確かにクレジットカード会社からは禁止されていますが、法律で禁じられてはいないためです。
ネットで目にするクレジットカード現金化業者の逮捕というニュースはその業者がお客様情報を悪用していたり、利用者に対して恐喝に近いことをしていたというケースがほとんどです。
クレジットカード現金化がカード会社にバレる理由は?
換金性の高いものを購入し続けていると疑われる可能性が高くなります。
新幹線のチケットや高額な家電、ゲーム機といった短期間で複数個買う必要がないものを購入し続けているとカード会社は現金化を疑うようになります。
換金性が高いものを短期間の間に大量に購入するのは控えるようにしましょう
クレジットカード現金化を利用した時の個人情報の扱いは大丈夫ですか?
優良店であれば問題ありません。
申し込みの際に身分証やクレジットカード情報を提出するのはどうしても不安になってしまいますが、口コミサイトやランキングサイトに掲載されているような優良店であれば、お客様から預かった情報を悪用することも漏洩させることもありませんので、ご安心ください。

家族にもバレない現金化のまとめ

家族にバレない現金化に関するよくある質問

本記事では、家族にもバレない現金化について解説しました。

ネット完結の優良現金化業者を利用すれば、家族にバレずに安全に現金化できます。
家族にもバレない現金化における重要なポイントは5つです。

バレないためのポイント

  • 自分名義のカードを使う
  • カードの利用明細や口座履歴に気をつける
  • 疑われやすい商品の購入は避ける
  • 支払いが遅れないように現金化を行う
  • キャッシュバック方式ではなく買取式を利用する

家族だけでなくカード会社とのトラブルを避けるためにも、大手の優良現金化業者を選びましょう。

  • この記事を書いた人

Shinji

某有名大学の経済学部を卒業後、大手商社を経て独立。現在はライター業の傍らイベントを企画・主催。人と人との架け橋となっています。 薄い付き合いのように思われますが、出会った人とのご縁は大事にしています。 さまざまな経験の中で、お金のやりくりには苦労したことも…。 現金化については注意点もきちんとお伝えします。