クレジットカード現金化の後悔や失敗談とその対処法

クレジットカード現金化の後悔や失敗談とその対処法

調査員:Shinji
ろくに調査もしないでクレジットカードの現金化をすると後々取り返しがつかないような大失敗につながることがあります!
そこで先人たちはどのようなことで失敗し、後悔したのを徹底解説。

同じ失敗をしないように気を付けたいこともお教えします!

給料日前や、急な友人との飲み会の際に
「現金がない!!!」
こんな時に役に立つのがクレジットカードのショッピング枠の現金化です。

場合によっては即日現金を入手出来て便利な手段ですが、よく調べずに現金化してしまうと思いもよらないような失敗をして、後々後悔することになります。

今回はクレジットカードの現金化の際に考えられる失敗と、その失敗を回避するための裏ワザについて説明していきます。

もくじ

クレジットカード現金化の失敗例と対処法

クレジットカード現金化の失敗例と対処法

さて早速ですが、クレジットカード現金化の際にどのような失敗が考えられるのでしょうか?
ヤフー知恵袋や2ちゃんねる掲示板から実際の体験談をピックアップしていきましょう。

必要だった身分証明書がなかったため、取引が中止になってしまった

クレジットカードの現金化には主に「個人で行う」場合と、「専門の業者に依頼する」場合の2パターンが存在します。
特に即日現金化したい場合や、あまり苦労せずに現金化したい場合は専門の業者に依頼するのが一番です。

しかし、ほぼ全ての専門業者が申し込み時に身分証の提示を求めてきます。

「クレジットカードの現金化をしたい」と思っても有効な身分証がなくては現金化業者のサービスを受けることはできませんので注意が必要です。

この失敗の注意点・対処法

もちろん身分証を作るしかありません。

運転免許証は取得するまでにかなりのお金と時間がかかってしまいますので、手軽なところであればマイナンバーカードを作ってしまうのがいいでしょう。

パスポートでも対応してくれる業者はありますが、その際には現住所が証明できる公共料金の請求書等も一緒に提示する必要がありますので注意が必要です。

手数料が高すぎたため、換金額が実質的に少なくなってしまった

明日までに10万円が現金で必要ということで現金化業者を利用する場合、実際に使うことになるクレジットカードのショッピング枠は10万円ではありません。

専門の業者に依頼して現金化を行う際には手数料がかかってくるためです。

この手数料分が現金化業者の実質儲けとなるわけなので、換金率100%で現金化をしてくれる業者はまずありません。
仮に「換金率100%」をうたっているような業者があった場合には悪質な詐欺業者である可能性が高くなるので十分に気を付けてください。

この失敗の注意点・対処法

利用する現金化業者の換金率をしっかり把握する必要があります。

メールや電話で問い合わせれば換金率を教えてくれます。
利用する金額や、利用するクレジットカードの銘柄にもよりますが、平均的には80~90%程度の換金率となります。

現金化したお金を管理できなかったため、無駄遣いが増えた

現金が足りないから現金化業者を利用したところ、思ったよりも迅速に振り込んでくれて、しかも想定したよりも振込額が多かったなんてこともあるかもしれません。

だからと言ってもちろん無駄遣いはNGです。
再度現金化を依頼することになってしまいます。

この失敗の注意点・対処法

必要な分だけを現金化するように注意しましょう。
クレジットカードの現金化は申し込みをするだけで現金が振り込まれるので、「無から有を生んだ」気がしてきますがその分の支払いはしっかりと来月の自分に降りかかります。

クレジットカードの現金化は絶対に損をするようにはできてしまっているので、計画的に利用する必要があります。

業者の対応が遅く、希望期日までの入金が遅れ、使いたいときに現金が無く困った

クレジットカードの現金化業者のHPを見たら
「『最短5分で振り込み』と書いてあったので、現金が必要になるタイミングの10分ほど前に依頼を行ったら、振り込みまで1時間も待たされて結局支払いに間に合わなかった」
という口コミも見ました。

もちろん人によっては5分程度で振り込みがされることもありますが、混雑時には数時間待たされることもあります。
そして初回は必ず本人確認があるため、5分では手続きが終わりません。

また、即日入金だからと思って夜23:50前後に申し込んだとしても日付が変わってからの振り込みになってしまうこともあります。

この失敗の注意点・対処法

どんなに遅くとも24時間以内に振り込みをしてくれる業者がほとんどなので、現金が必要な日の前日には申し込みを済ませておくと安心です。

また毎月1~3日、10日、25~末日は混雑することが多いので、可能であればこの付近をさせて利用するのがいいでしょう。

どうしても直前での申し込みになってしまった場合やメールや申し込みの際の備考欄に「急ぎです」と書いておきましょう。

店舗型業者を利用したが、交通費と手間を考えると、ネット型が便利だと実感した

実際の店舗に足を運んで現金化をしてもらったが、そこまで行くための交通費と時間が非常に無駄に感じたという体験談ですね。

そもそも現金化自体、多少損をして現金を手にする行為であるにも関わらず、時間と交通費まで無駄にするのは本当にもったいないことです。

この失敗の注意点・対処法

ネット型の現金化業者を利用するようにしましょう。
実際に対面して取引をする店舗型の業者と違って、向こうの顔が見えないから不安だという方もいるかもしれませんが、昨今の現金化業者といえばネット型の方が断然主流になってきています。

ネット型の業者であれば、もちろん交通費はかかりませんし、夜遅くまで申し受付をしてくれるところがほとんどなので、仕事が終わった後や休みの日にわざわざ店舗まで行く時間もかかりません。

口コミサイトやランキングサイトに掲載されているような業者は全て優良な店舗ですので、安心してご利用ください。

目いっぱいショッピング枠を使っていた状態に気付かず、現金化申し込みをして、現金化を拒否された

クレジットカードの現金化を依頼する際に、身分証とクレジットカードがあるからといって安心はできません。
そのクレジットカードには申し込み金額以上のショッピング枠が残っていますか。

先ほども手数料がかかるという話しをしましたが、10万円の現金が欲しいからといってショッピング枠が10万円キッカリしか残っていないクレジットカードでは申し込みができません。

この失敗の注意点・対処法

業者に依頼を行う前に
「今回の現金化に使うクレジットカードのショッピング枠が十分に残っているのか」
をよく確認するようにしましょう。

ショッピング枠が残っていないにも関わらず、現金化を試みてしまうと自ずと決済エラーを複数回はくことになってしまうので、クレジットカード会社に現金化を疑われやすくなってしまいます。

クレジットカードの有効期限切れに気づかず、申し込みを拒否された

先ほどと同じようにクレジットカード自体に不備があったパターンです。
当たり前ですが、有効期限が切れてしまっているクレジットカードでは現金化をすることができません。

遊び金が欲しくて現金化を利用したら妻にバレてしまい、クレジットカードを没収された

夫婦共通で確認することができるメールアドレスを使って業者に申し込みをしてしまったり、クレジットカードの利用履歴を奥さんに見られてしまった場合はクレジットカードの現金化がばれてしまう可能性があります。

また、振込先に指定する銀行口座も夫婦共通で確認できるものを使っていると、見知らぬ名義から入金があったということでクレジットカードの現金化がばれてしまうでしょう。

この失敗の注意点・対処法

これに関しては自分しか確認しないメールアドレスを使って申し込みを来ない、自分しか確認しない銀行口座を振込先の口座に指定し、クレジットカードの利用履歴は見せないようにするしかありません。

業者によっては郵便物を届けるという工程が取引の中に発生してしまうところもあるので、予め自宅に何か物が届いてしまうか確認するようにしましょう。

ちなみに、振り込み名義人を変更して振り込んでくれという要望はほとんど叶いませんので業者に言わないようにしましょう。

逆に詐欺等の関与を疑われて面倒なことになりかねません。

業者を使わず自分で現金化したら、カード会社に現金化を疑われた

冒頭でも説明した通り、クレジットカードの現金化には主に「個人で行う」場合と、「専門の業者に依頼する」場合の2パターンが存在します。
個人で現金化を行うとなると換金性の高いものを購入して、それを自分で販売し、その分の現金を手に入れるという仕組みになります。
よく用いられるのは新幹線の回数券を大量に購入し、それを金券ショップに持ち込むという方法です。

しかしその場合、クレジットカードの利用履歴には新幹線の回数券を高頻度で大量に購入するという不自然な履歴が残ります
これが原因でクレジットカード会社にショッピング枠の現金化を疑われてしまうことがあります。

この失敗の注意点・対処法

これに関しては個人で現金化をする限りはなんとも避けようがないところにはなります。
購入頻度を減らしたり、購入するものの種類を散らす等の対策は一応取れますが、どれもその場しのぎにしかなりません。

無理をせずにバレないノウハウがある専門業者を利用するが安全です。

クレジットカード現金化の後悔例と対処法

クレジットカード現金化の後悔例と対処法
ここまでは失敗談として「そこまで状況が深刻になっていない」ものを確認していきました。

ここからはより深刻な状況になってしまい、自分の力だけではどうすることもできずに大いに後悔したという体験談をご紹介します。

これを見るとやっぱり現金化は危険だと思われるかもしれませんが、どの体験談にもしっかり対策や解決法はありますので、しっかり読んでください。

現金化がカード会社にバレてしまい利用停止になった

クレジットカード会社にショッピング枠の現金化がばれてしまうと、使用していたクレジットカードが利用停止になることがあります。
もっと酷い場合には契約解除となり、その時点で未払いとなっている分の金額を一括で請求されてしまうこともあります。

バレないための注意点・対処法

先ほども説明したようにバレないノウハウがある専門業者を利用するのが一番ですが、万が一にもクレジットカード会社から現金化を疑うような連絡が来た場合に正直に「現金化をしていた」ことを白状しないことも重要です。

例えば「仕事で使うものを購入した」や「人へのプレゼントとして購入した」等の言い訳を予め考えておき、いざとなったらすぐに言えるようにしておきましょう。

なお、商品券の現金化は利用履歴が不自然になることが多く、特にバレやすくなっているので注意が必要です。

クレジットカード現金化を利用しすぎて返済できなくなり、信用情報がブラックリスト入りした

クレジットカードの現金化というのは、仕組みの違う借金のようなものです。

特にクレジットカードのショッピング枠は、上限金額が自分の返済能力以上の金額に設定されていることが多いので、あまり使いこんでしまうと返済をすることができなくなってしまいます。

そのまま返済が滞り続けてしまうと、信用情報がブラック入りしてしまい、賃貸契約を結んだり、各種ローンを組むことが難しくなってしまいます。

信用情報にキズを付けない注意点・対処法

これに関しては計画的に利用していくしかありません。

自分で支払える限界まで現金化したけど、それでもどうしても現金が足りない場合には家族や友人にお金を借りる等しましょう。

良く調べず利用したら詐欺に遭ってしまい、現金が振り込まれなかった

ろくに調べもしないでHP記載の「99%換金」といった甘い言葉に誘われた結果、利用した業者が悪質な業者で現金が一切振り込みをされないというパターンがあります。

この場合厄介なのは、クレジットカード会社に相談してしまうと現金化していたことがバレてしまうため、泣き寝入りになる、という点です。

詐欺に遭わないための注意点・対処法は、優良店の利用一択である

ネット型の現金化業者を利用する際にはとにかく口コミサイトやランキングサイトをよく見てください。
複数のサイトに名前が載っているサイトはそれだけ安全なサイトということになります。

また、先ほども書いたように「99%換金」等の高すぎる換金率の表記にも注意が必要です。

クレジットカード現金化の換金率は一般的に80~90%程度が相場となっています。
これよりも高い換金率を提示している場合は高すぎる換金率をうたって詐欺を働こうとしている可能性があります。

HPに記載されている運営会社の住所を検索し、確かに存在する会社であるかを確認するのも大切です。

個人情報を悪用された

先ほどのように悪質な業者を利用してしまうと、現金が振り込まれない以外にも様々な二次被害が予想されます。
その1つが個人情報の悪用です。
電話番号やメールアドレス、酷い場合にはクレジットカードの情報まで流出してしまう可能性があります。

その結果、毎日のように怪しい電話がかかってきたり、スパムメールが届いてしまったり、不正請求や他人にクレジットカードの不正利用をされるようなことになってしまします。

個人情報漏洩させないための注意点・対処法

先ほど同様にとにかく口コミサイトやランキングサイトは注視するようにしましょう。

また、優良な業者であればクレジットカード情報はカード番号の上4桁と下4桁だけ教えれば大丈夫等の配慮がされています。
何もかも洗いざらい情報を要求してくるような業者には注意が必要です。

途中で申し込みを断ったら態度が急変し、恫喝され、しばらくの間業者から電話がかかり続けた

こちらも悪徳業者を利用してしまうと起こる可能性のある事案です。

思ったよりも換金率が悪かった、振り込み予定日が遅かったといった理由で申し込み途中に取引キャンセルを依頼したところ、先ほどまで丁寧に対応してくれていたスタッフが豹変し、
「こっちはもう個人情報を知っている」
といった脅しをかけられてしまうパターンもなくはありません。

向こうの言う通りすでに個人情報を渡しているのでとても怖いですよね。

悪徳業者を利用しないための注意点・対処法

再三の繰り返しにはなってしまいますが、口コミサイトやランキングサイトをよく見てください。
当サイトで紹介している業者を利用するのもいいでしょう。

優良な業者であれば、脅してくるということはまずありえませんし、お客様の個人情報もとにかく慎重に扱っています。

決してすべてのクレジットカード現金化業者が悪いのではなく、悪質な業者だけが悪いので、しっかり下調べをして優良な業者を使うようにすれば問題ありません。

クレジットカード現金化で失敗や後悔する人の特徴

クレジットカード現金化で失敗や後悔する人の特徴

ここからはクレジットカードの現金化で失敗や後悔する人の特徴を見ていきましょう。

1つでも当てはまる方は十分に注意して現金化をするようにしてください。
自覚できているか、いないかだけでも大きく変わります。

家電の取説を読まないタイプの人

家電を購入しても、「大体こんなもんだろう」と言って取説を読まないタイプの人は詳細な説明を読まずに、直感や経験に頼って行動する傾向があります。

また、時間や手間をかけずにすぐに行動を起こしたいという思いもあることが多いです。

そのためクレジットカード現金化の利用においても、重要な利用規約や注意事項を読まずに、すぐに申し込んでしまう可能性があります。

たとえ利用するのが優良業者であっても、利用規約や注意事項はしっかり目を通すようにしましょう。

サブスク、スマホ代、公共料金などの支払いが度々遅れがちな人

自分のお財布事情を管理できていない可能性が高いです。

現金化に利用するのはクレジットカードのショッピング枠であるため、たとえ一時的に現金が手に入ったとしてもその分のツケは来月の自分に回ってくることになります。

クレジットカードの現金化をする際には
「来月の請求は今のところいくらなのか」
「今月あとどのくらい使っていいのか」
をしっかり把握するようにしましょう。

人の話をすぐ鵜呑みにする人

うまい話にのってしまわないように注意です。
というのも、悪質な業者は高い換金率等のうまい口実を使って利用を促してきます。
おいしい話には必ず裏がありますので、少しでも「おかしいな」と思うようことがあったら、口コミや掲示板の書き込みを調べるようにしましょう。

現金の入手を焦っている人

とにかく今すぐに現金が欲しいからといって、「どこでもいいから現金化さえしてくれればいい」という考え方は非常に危険です。

緊急時こそ急がば回れ。
しっかり下調べをして、優良店を利用する方が結果的に早く振り込みされることがほとんどです。

収入が不規則な人

フリーランスの方やフリーターの方は収入が安定していません。
そのため来月の自分に負担がかかるクレジットカードの現金化はあまり向いていないといえるでしょう。

どうしても現金化を利用しなくてはいけない事情がある場合には、平均収入を越えないように注意しましょう。

ついつい無駄遣いをする

せっかく現金化したのに、ついついギャンブルや自分の趣味のために無駄遣いをしてしまっては本末転倒です。
気軽に現金化を繰り返してしまうと、ショッピング枠を使い切ってしまい、いざというときに現金化をすることができなくなってしまいます。

クレジットカードの現金化は自分の支出を管理しながら利用するようにしましょう。

クレジットカードの知識が少ない

例えば「新幹線の回数券のように換金性の高いものは確かに現金化には向いているけれど、高頻度で購入するとクレジットカード会社に現金化が疑われやすい」等の知識なしに現金化を繰り返してしまえば、すぐにクレジットカードは利用停止となってしまうでしょう。

また知識がなければ、クレジットカード会社に現金化を疑われてしまった場合に正直に現金化していたことを打ち明けてしまって契約解除になる可能性もあります。

現金化をする際には業者だけでなく、クレジットカードに関する注意点もよく調べるようにしましょう。

他人に助けられることを期待している人

他人に助けられることを期待している人は、自分で解決することを避け、他人に頼って解決を期待しがちな人です。

よく下調べをしていなかったり、「何とかなるだろう」と気楽に考えて現金化を利用してしまうと後々取り返しのつかないことになります。

クレジットカードの現金化は自分の大切なお金の問題でもありますし、業者に個人情報等の重要な情報を渡すことにもなりますので決して気楽に考えたりしないようにしましょう。

クレジットカード現金化の後悔に関するよくある質問

クレジットカード現金化の後悔に関するよくある質問

クレジットカードの現金化がばれるのはなぜですか?
例えば毎月決まった日に、だいたい決まった金額の高額商品を購入している場合、利用履歴を見ているカード会社からすると「何に使っているのだろう?」と思います。
利用履歴から疑いがかけられた時のために「仕事で使っているものです。」等の言い訳を用意しておきましょう。
大手買取業者の『大黒屋』を使えば現金化はバレませんか?
そんなことはありません。

大黒屋で現金化する際に主流なのは、新幹線の回数券を購入し、それを買い取りに出すという手法です。
これは新幹線の回数券を高頻度で購入しているという利用履歴が残るためばれてしまう可能性は十分にあります。
大手だからといって安心しないように注意が必要です。
クレジットカードの現金化がばれた場合すぐに強制解約となってしまうのでしょうか?
可能性は低いです。
クレジットカード会社が現金化を疑った場合、まずはカードの利用停止措置をされる場合がほとんどです。
この場合はクレジットカード会社に電話をして、現金化をしていない旨を説明をすれば解除されることもあります。
しかし、そのあとも不自然な購入が続くと問答無用で強制解約になってしまう可能性が十分にありますので注意してください。

クレジットカード現金化の後悔に関するまとめ

クレジットカード現金化の後悔に関するまとめ

今回はクレジットカードの現金化をして、失敗したことや後悔したことについてまとめていきました。

体験談や口コミからわかった主な後悔や失敗

  • 悪徳な現金化業者を利用してしまった
  • クレジットカード会社に現金化がばれてしまった
  • つい現金化を利用しすぎてしまった

といったものが多かったですね。

クレジットカードの現金化は違法ではなりませんので、現金化すること自体には全く問題はありません。

しかし、しっかり調べもしないで気軽に利用できるほど安全なものでもありません。

重要点まとめ

  • 口コミサイトやランキングサイトをよく確認して、優良業者を利用する
  • 優良業者の選択肢が多く、迷った場合には運営歴の長い老舗を利用する
  • 計画的に利用し、自分の収入の範囲を超えないようにする
  • すぐに現金化必要でも焦らない
  • 現金化がばれそうだからといって正直に白状しない

以上のことに注意して安全にクレジットカードの現金化を行いましょう。

  • この記事を書いた人

Shinji

某有名大学の経済学部を卒業後、大手商社を経て独立。現在はライター業の傍らイベントを企画・主催。人と人との架け橋となっています。 薄い付き合いのように思われますが、出会った人とのご縁は大事にしています。 さまざまな経験の中で、お金のやりくりには苦労したことも…。 現金化については注意点もきちんとお伝えします。