先払い買取とは?現金化するときの仕組みや流れを解説します

調査員:Shinji

手持ちの商品をネットで査定して現金化する「先払い買取」は手間なく、安心。
写真を送るだけで査定し、商品を手放す前に現金を受け取れます。
このページでは、すぐに現金が欲しい人に向けて即日現金化の方法をまとめました。

1番シンプルな金策の方法は、手持ちの商品を買取に出して現金化することです。

しかし、普通の商品買取では店頭まで商品を運ぶ手間がかかるのに加えて、査定を受けてみないと買取価格がわからないという不安もつきまとうことになります。

そんな時に便利なのが「先払い買取」というネットサービスです。

先払い買取では売りたい商品の写真を撮って送るだけで査定をしてもらえるだけでなく、実際に商品を手放すよりも先に現金を振り込んでもらうことまで可能になっています。

先払い買取とは?仕組みや流れについて

先払い買取とは、インターネットを使った新しい形式の買取現金化サービスです。

一般的なネット買取では利用者が先に商品を買取業者へと送り、商品到着後に行われる査定をクリアした段階でようやく現金が振り込まれることになります。

一方の先払い買取では、業者に商品の写真を送ることで事前に査定が行われ、実際に商品を発送するよりも前に現金を先払いしてもらうことができます。

手続きの簡単さと着金の速さが大きな魅力となっている先払い買取ですが、利用にあたってはいくつか注意点も存在しています。

本記事ではそんな先払い買取の基本的な仕組みの説明から安全に利用するためのポイントまで詳しく紹介していますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。

先払い買取の仕組み

先払い買取の具体的な仕組みには各業者ごとの微妙な相違点もありますが、「写真査定」に関してはほぼ共通したシステムが採用されています。

写真査定で利用者がやることは、買い取りに出したい商品の写真をスマホで撮影してその画像データを送るだけです。
業者はその写真を元に買取価格を決め、早ければ即日のうちに現金振り込みが行われます。

ただし写真からの情報だけで買取価格を決定することから、ほとんどの業者ではあらかじめ買取対象とする商品ジャンルを限定しています。

たとえばiPhoneやゲーム機は状態に関わらず中古市場価格が安定していることから、先払い買取の対象商品として頻繁に利用されています。

敢えて買取可能な商品ジャンルを絞り込んでいない業者もありますが、そうしたタイプの業者では写真査定にも多少の時間をかけたり「空売り」対策のために利用者の収入確認を行うといった対策を取っていることがあるので気をつけましょう。

先払い買取の流れ

先払い買取を利用する際の一連の流れは以下のようになっています。

先払い買取の流れ

  1. 先払い買取サイトで現金化可能な商品を確認する
  2. スマホで商品の鮮明な写真を撮影する
  3. 申し込みフォームに必要事項を記入し写真データと共に送信する
  4. 業者が写真査定を行い買取金額の提示を行う
  5. 金額に納得したら同意する
  6. 指定した口座に現金が振り込まれる
  7. 規定の期日内に商品を発送する

まず最初に、その業者サイトで現金化できる商品が手元にあるのを確認します。
先払い買取は業者によって買取可能な品目が異なるため、もし取り扱いのない商品を売りたい場合は別のサイトを探してみましょう。

また先払い買取では年齢確認のために身分証の提示が必要になりますが、どのタイミングで身分証のデータを送ることになるのかも業者ごとに違いがあります。

商品写真と身分証の写真を一緒に提出するパターンもあれば、査定後の契約確認時に改めて身分証写真や振り込み口座番号を提出するパターンもあります。

最後に商品の送り忘れにはくれぐれも注意しましょう。
期日内に商品を業者に届けないと「空売り」と判定されてしまい、振り込まれた金額の返還だけでなく追加のキャンセル料が発生することになります。

先払い買取を利用する際に必要になるもの

先払い買取を利用するために必ず用意しなければならないのは以下の4点です。

  • スマートフォン
  • 買取に出す商品
  • 身分証
  • 口座番号

スマホは当然ながらインターネットに接続可能で、カメラ機能つきのものが必要です。
有効な身分証は業者によって変わりますが、運転免許証パスポートは大抵の業者で有効となっています。

健康保険証に関しては別に補助書類が要求されることもあるので、規約をよくチェックしておきましょう。
マイナンバーカードも個人情報保護の観点からマスキング処理などが必要になる場合があります。

現金受け取りのための口座番号は、国内の金融機関のものであれば基本的に利用可能です。
ただし24時間入金に対応するのは「モアタイム」を導入している口座だけなので、確実な即日入金を希望する人は口座の対応状況も調べておきましょう。

先払い買取はどのような商品が売れる?

先払い買取業者で取り扱われている商品のうち、代表的なものを紹介します。

先払い買取業者が対応している主な商品

  • iPhone
  • Apple製品(iPad・Mac・Apple Watchなど)
  • ハイエンドAndroidスマートフォン(Galaxyシリーズなど)
  • ゲーム機(Switch・3DS・PS4・PS5など)
  • 一部の商品券やギフト券
  • ブランド品(バッグ・時計・お酒など)
  • 収入印紙

先払い買取でもっとも活発に取り引きされているのはiPhoneです。
iPhoneなら画面割れや起動不可の故障品であっても写真買取に応じてくれる業者も珍しくありません。

またiPhone以外のApple製品を取り扱っている業者も目立ちます。
対してAndroidスマートフォンは「Galaxyシリーズ」のハイエンド機種といった一部商品しか先払い買取対象になっていないケースが大半なので注意しましょう。

ゲーム機は現行機種のみの取り扱いがほとんどとなっています。
商品券やブランド品の取り扱いに関しては業者ごとの個性が大きく影響しており、デパート商品券を専門に買い取る業者やブランド酒をメインに買い取る業者などが確認できます。

最後に収入印紙についてですが、これは先払い買取の中でも「ファクタリング」という主に会社経営の支援に使われる金融サービスで取り扱われるアイテムとなっています。

個人利用の先払い買取とは用途がかなり異なるため、気になる人は別途ファクタリングについて調べることをおすすめします。

先払い買取を利用して現金化するメリット

ここからは先払い買取を利用することによって得られるメリットについて解説します。

先払い買取というサービスには強みもあれば弱みもあるため、メリットとなる要素をしっかり把握して使いこなす意識を持つことが重要になるでしょう。

即日での現金化が可能

ネット買取における最大の弱点は商品の発送によるタイムロスによって、即日での現金化ができないところです。

先払い買取はまさにその弱点を克服するために考え出されたサービスなので、利用する際は積極的に即日中の現金化を目指しましょう。

ただし先払い買取では、商品到着までの間は業者側が一方的にリスクを負う構造になっているため、その対応として買取価格そのものは通常と比べて低くなる傾向があります。

特に急ぎの用事もないのに即日に現金を受け取れて便利だからという理由だけで先払い買取を利用してしまうと、結果的に損をすることもあるので注意しましょう。

審査が無いことが多い

先払い買取は基本的に無審査で利用することが可能です。
借金という形で現金調達をするためには、収入調査や職場への在籍確認といった手続きを経て与信枠を獲得することが絶対条件になります。

それに対して先払い買取はあくまで手持ちの商品を売る約束をするだけなので、厳しい審査をクリアする必要はありません。

ただ一部には無断キャンセルへの備えのために利用者への審査を実施している買取業者も存在しています。

最初の申し込みフォームに「収入情報」や「勤務先情報」を入力する欄がある場合には、審査が行われるタイプの業者と判断することができるでしょう。

土日祝日でも現金化できる

多くの先払い買取業者は土日祝日も休まず営業しています。
電話対応時間は指定されていることがありますが、申し込みや入金手続きの進行は電話対応時間外でもしっかり行ってくれます。

その上で振り込み先をモアタイム」対応口座にしておくと、土日祝日や深夜であっても即時着金が可能となります。

さらにコンビニATMと連携している口座なら現金を引き出すこともできるため、急に現金が必要になることの多い深夜や週末のトラブルにも迅速に対応することができるでしょう。

写真を撮るだけなので簡単にできる

売りたい商品をスマホで撮影するだけで査定が終わる先払い買取は、誰にとってもわかりやすいシンプルさが魅力でもあります。

商品画像は鮮明に撮影するのが基本ではありますが、実店舗で入念にチェックされてしまうと買取価格が下がる要因になる「細かいキズ」や「汚れ」が多少はごまかせる点も先払い買取の無視できないメリットです。

また、幅広い買取品目に対応しているタイプの業者では、とりあえず身近にあるモノの写真を撮影して片っ端から査定にかけるという使い方もできるようになっています。

写真を送るだけで確実に売り値を知ることができる先払い買取業者を使うと、売れるか売れないかわからないモノを実店舗まで運ぶ苦労から解放されることにもなります。

先払い買取を利用して現金化するデメリット

先払い買取にはメリットばかりでなく当然デメリットも存在しています。
ここでは先払い買取における代表的なデメリットを紹介しながら、それを上手く回避する方法についても解説していきます。

キャンセル料が高い

先払い買取では利用者が商品を発送するまでの間は業者側がリスクを取るビジネスモデルとなっています。

そのため、現金が振り込まれたあとのキャンセルは大きな問題となることが多く、業者側は高額なキャンセル料を設定することで防衛策を取っています。

また、一部の業者に関しては最初から法外なキャンセル料を織り込んでビジネスを展開している場合があります。

キャンセルを前提としている業者はそもそも利用者に商品を送ってもらう気がなく、振り込んだ現金の返還にプラスしてキャンセル料を支払わせることで実質的な高利貸しビジネスを成立させています。

単純に高額なキャンセル料を設定している業者と、キャンセル料を利子として計算している業者は根本的に性質が異なるため、キャンセル関連のルールは業者ごとに特に慎重に見極める必要があります。

利用している人の口コミが少ない

先払い買取はまだ誕生してから日が浅いサービスであるため、実際に利用した人達のリアルな口コミが見つけにくい状況にあります。

さらに個別の業者ごとの評判となると口コミから実態を調べるのはほぼ不可能と言ってもいいでしょう。

そのため、業者の安全性やお得感を調べるためには、自力で運営会社情報や買取率比較などを確認していく作業が必須となります。

しかしこうした作業に忙殺されてしまうと手軽で迅速という先払い買取のメリットを潰してしまうことになるので、口コミ調査はバランスを取って行うことも意識しましょう。

悪質な詐欺業者もいる

キャンセル料徴収を前提とする高利貸しタイプの先払い買取業者は、実質的にはヤミ金の新形態と考えて間違いありません。

また買取自体はちゃんと行っているように見えても、利用者の個人情報を横流しするといった形の詐欺行為をする悪質業者も残念ながら存在しています。

他にも先払いのリスクヘッジを考慮に入れても買取価格が非常識に低い業者なども要注意と言えるでしょう。
こうした悪質業者に申し込んでしまったと感じたら、買取の契約が成立するよりも前にキャンセルすることが大切です。

実際に現金が振り込まれてしまうと向こうの言い分のままに高額なキャンセル料を要求されることになるので、それを避けるには振り込み先口座番号を最後に伝えるタイプの業者を選んでおくのが有効な対策となります。

先払い買取はこんな人におすすめ

実際にどんな人が先払い買取に向いているのかについて考えると、メリットやデメリットとはまた別に「先払い買取でないと目的を達成できない人」の存在が浮かび上がってきます。

ここでは具体的どういったタイプの人が先払い買取を使うべきなのかについて確認していきます。

買取していることがバレたくない人

手持ちの商品を売って現金に替える行為というのは、他人にはあまり知られたくないものです。
現金化したい商品が家族や大切な人からの贈りものであった場合は、特にバレないように気を遣うことになります。

実店舗の対面買取はもちろん、通常のネット買取でも商品送付と現金が入ってくるタイミングによっては現金化がバレてしまう恐れがあります。

その点、商品がまだ手元にあるうちに現金を受け取ってタイミングをずらすことができる先払い買取現金化は、秘密保持にも有効と言うことができるでしょう。

買取店に行く時間がない人

買取の実店舗に出かける時間を取れない人にも先払い買取は向いています。
地方では質屋やリサイクルショップに出かけるだけで移動時間だけでなく交通費まで余計にかかってしまいます。

また、先に商品発送の準備をする必要がある通常のネット買取も忙しい人とは相性が悪いと言えるでしょう。

その点からすると、現金を受け取ってから期日内に暇を見つけてゆっくり発送準備を済ませればいい先払い買取は、忙しい人でも対応しやすいサービスです。

発送までの期限は1週間程度の業者が多くなっていますが、中には1ヶ月ほど余裕のある業者もあるため、状況に応じて選択するようにしましょう。

金融ブラックになっている人

信用情報機関のブラックリストに登録されてしまった、いわゆる「金融ブラック」の人も先払い買取を利用するのに向いています。

金融ブラックになると新たな借金ができないばかりでなく、クレジットカードも使用停止になるといった厳しいペナルティが課せられます。

金融ブラックに指定されたことでさらにお金が回らなくなる悪循環に陥ってしまった際には、商品買取による現金調達は命綱になる可能性も秘めています。

特にその日のうちに現金を補充しないと間に合わないといった事態に対して、先払い買取での即日現金化は大きな助けになることでしょう。

先払い買取に関するよくある質問

ここでは先払い買取について特に気をつけておきたいポイントを質問形式でまとめています。

慎重に対処しておきたい項目が多いので、先払い買取の利用を検討している人は全体にしっかり目を通してみてください。

先払い買取の口コミはどこで確認できるの?
先払い買取の口コミは業者ページで紹介されていることもありますが、その大半は宣伝目的の内容となっているため完全に信用することはできません。

また先払い買取や現金化業者についてまとめた情報系ページにも口コミが掲載されていることがありますが、これについても信頼性は低いと考えておいた方がいいでしょう。

よりリアルな口コミを探すためには、Twitterや5ch掲示板のように実際の利用者が書き込みを行っている場所を自力で調査するのが遠回りなように見えて一番の近道です。

特に5chの掲示板には各種現金化のスレッドが定期的に立っているので、過去ログも含めて検索をかけるとリアルな口コミを発見しやすくなります。
先払い買取にリスクはありますか?
高額なキャンセル料の取り立てを前提とした一部の先払い買取業者は「実質的なヤミ金に当たる」として消費者庁などの関係各所から注意喚起が出されています。

ヤミ金に相当する先払い買取業者の特徴の1つとして、そもそも利用者の手元にない商品の画像を業者側が空売り用に提供するといった行為が挙げられます。

消費者庁が出す先払い買取の注意画像
画像引用元:消費者庁

こうした違法業者を利用すると多重債務に陥るリスクが飛躍的に増すだけでなく、個人情報を売買され他の違法業者のターゲットにもされやすくなるとも報告されています。

詳しくは以下の金融庁の注意喚起ページを参考にしてみてください。

消費者庁の注意喚起ページはこちら
在籍確認は必要になりますか?
在籍確認が実施されるかどうかは申し込む業者によって異なります。

基本的には審査不要で利用できる先払い買取業者の方が多く、在籍確認を要求する業者は高利貸し目的の違法業者である可能性が高いと言えるでしょう。

ただし優良業者の中にもキャンセルリスク回避のために事前の在籍確認を導入しているところがあります。

また、通常は無審査でもキャンセルが発生した場合には職場に在籍確認の電話を入れる業者もあるので、確実に在籍確認を避けたいなら無審査の業者でルールを守って利用することが重要になるでしょう。

先払い買取のまとめ

本記事で紹介した先払い買取の情報を簡単にまとめるとこのようになります。

先払い買取のまとめ

  • 商品の写真を送るだけで買取代金を先払いしてもらえる
  • 即日に現金を振り込んでもらうことも可能
  • 金融ブラックでも利用できる
  • 一部には法外なキャンセル料を設定する悪質業者もある

先払い買取は、スマホだけで簡単に商品を現金化することができる非常に便利なサービスです。

土日祝日でも即日に現金を振り込んでもらうことが可能なため、急な用事やトラブルで現金が必要になった際には特に頼りになることでしょう。

また、金融ブラックの状態でも問題なく利用できることから、生活を立て直す資金を調達するのにも役に立ちます。

ただし買取可能な品目が業者によって異なる点や、キャンセル料の取り立てを前提にしたヤミ金同様の業者が存在していることから、業者選びは慎重に行う必要があります。

本記事の内容をもとに、先払い買取は賢く利用するようにしましょう。

  • この記事を書いた人

Shinji

某有名大学の経済学部を卒業後、大手商社を経て独立。現在はライター業の傍らイベントを企画・主催。人と人との架け橋となっています。 薄い付き合いのように思われますが、出会った人とのご縁は大事にしています。 さまざまな経験の中で、お金のやりくりには苦労したことも…。 現金化については注意点もきちんとお伝えします。