クレジットカード現金化業者は、店舗型とネット型、どちらが良い?

クレジットカード現金化業者は、店舗型とネット型、どちらが良い?

調査員:Ayane
クレジットカードを現金化してくれる業者には店舗型とネット型の2つがあるわ。
それぞれに特徴があるから、あなたに有利な方を選ぶようにしてね。
店舗型とネット型、それぞれのメリットとデメリットを見ていきましょう。

「今すぐに現金が必要で、効率の良い方法を知りたい」
「クレジットカード現金化業者を利用する場合、店舗型とネット型どっちが良いの?」

こんな悩みを抱えていませんか?

この記事では、クレジットカード現金化業者の店舗型とネット型の違いや効率良く手続きを完了させる方法についてご紹介します。

クレジットカード現金化業者には店舗型とネット型があるがその違いとは?

クレジットカード現金化業者には店舗型とネット型があるがその違いとは?

クレジットカード現金化業者とは、業者からなんらかの商品を購入し、その特典として現金を受け取るサービスを提供している業者のことです。

クレジットカード現金化業者には「店舗型」と「ネット型」の2つがあります。

店舗型とは、実店舗を持ち対面で手続きを行います。

特徴は、スタッフの顔が見える安心感もあり、手続き後は直接現金を受け取れることです。
しかし、カードの利用停止リスクが高く信用情報に傷がつく可能性があります。

ネット型とは、無店舗型の現金化業者でネット上の手続きのみで入金まで完結します。

店舗型よりカードの利用停止リスクが低く還元率が高いことが特徴です。
一方、業者の実態がわかりにくいため信頼度の高い業者を選ぶ必要があります。

店舗型のメリット

店舗型クレジットカード現金化業者のメリット

店舗型は、実店舗を構えているためスタッフが対応してくれます。
店舗に出向くことで、雰囲気や信頼できるかを自分の目で確かめることができます。

手続き後に直接現金を受け取れることも、店舗型の特徴です。
また、ネット環境がない場合やネット操作を行うのが難しい方でも利用することができます。

顔が見える安心感

店舗型ではスタッフが直接接客してくれるので、顔が見える安心感があります。
自分の目で見て確認し、信頼できる業者か判断することが可能です。

サービスの流れや商品選択の確認、現金の受け渡しまで対面で行うことで、ちょっとした疑問も質問しやすくなります。

しかし、店舗型の場合でも悪徳業者は存在します。
対面だからといって安心しきってしまうのは要注意です。

店舗型の場合でも、評判や口コミなどの情報はしっかり調べてから利用したほうがいいですよ。

直接現金を受け取れる

店舗型では、その場で手続きを行うため、手続き終了後に直接現金を受け取ることができます。
現金で受け取ることができるので、口座は必要ありません。

もし何らかの理由で口座の準備が難しい方や口座が凍結されてしまっている方でも、使用可能なクレジットカードがあれば手続きできます。

また、急いでクレジットカードの現金化をしたい場合でも、直接現金を受け取れるのは効率が良いですね。

店舗型のデメリット

店舗型クレジットカード現金化業者のデメリット

店舗型の場合、店舗に出向く必要があります。
クレジットカード現金化業者の店舗は、駅の近くなど交通アクセスの良い場所にあることが多いです。

そのため、近くに利用できる店舗がない方や交通の便が悪い方は、店舗に出向くことが難しいでしょう。

カード利用停止のリスクが高い

店舗型の場合、業者から高額な商品を購入することや新幹線のチケットなど換金率の高い商品を購入することで、クレジットカード会社に「現金化目的の利用」を疑われる可能性があります。

クレジットカード会社の多くは規約で「現金化を目的としたカードの利用」を禁止しています。
規約に違反していると判断されると、カードの利用停止や強制解約、利用料の一括請求などの措置を講じられるケースもあります。

そのため、高額な商品の購入や換金率の高い商品を繰り返し購入することは、カード利用停止リスクをより高めてしまうので注意しましょう。

換金率が低い

店舗型はネット型に比べて換金率が低い傾向にあります。

換金率の相場をみると、ネット型の75~85%に対し店舗型は70~80%と低くなっています。
実店舗を有しているため、経費がかかり利益を上げる必要があるためと考えられます。

ネット型(無店舗型)のメリット

ネット型(無店舗型)クレジットカード現金化業者のメリット

ネット型では、店舗に出向く必要がないため手間や時間をかけずに利用できます。
事情があったり、忙しくて時間の取れない方でも、ネット環境さえあれば24時間いつでも手続きが可能です。

手続き時間も1時間程度で終わるため、スピード感を重視でき、効率よく手続きを完了させることができます。
また、非対面なので強引な勧誘を受けることもありません。

カード利用停止のリスクが低い

ネット型の場合、商品を購入するとその特典として一部現金がキャッシュバックされるという仕組みです。

換金性の高い商品を購入せずに利用でき、商品の代金の一部をキャッシュバックしているだけなので、クレジットカード会社は「現金化目的の利用」かどうか判断ができません。

現金化目的の利用と断定できないため、カード利用停止のリスクは低くなります。

換金率が高い

ネット型は店舗型に比べ、換金率が高めです。
ネット型の場合、店舗運用費などの経費が不要で実際にかかるコストが抑えられるため、その分換金率を良くすることができるのです。

ネット型(無店舗型)のデメリット

ネット型(無店舗型)クレジットカード現金化業者のデメリット

ネット型では、スタッフの顔が見えないため信用できる業者なのか、業者の実態がわかりにくいです。
また、ネットで手続きを行いますが、現金は口座振込になるため引き出す必要があります。

悪徳業者の利用で後悔することもある

ネット型は実店舗を持たず、ネット上のサイトのみで運営しています。

ネット上の取引となるため、業者の実態がわかりにくいです。
なかには悪徳業者も存在します。

高い換金率を提示していても、現金化した金額から手数料を差し引くといった業者もあります。

目先の換金率だけではなく、契約条件や個人情報の取り扱いなどもしっかりと確認しましょう。
安全性の高さや実績、口コミなどを事前に確認し検討することが重要です。

クレジットカード現金化の後悔や失敗談とその対処法

現金を引き出す手間がかかる

ネット型は、ネットで手続きを行うため、キャッシュバックされる現金は口座振込になります。

即日振込の業者が多いですが、現金を手にするためには口座から引き出す必要があります。

手続きは24時間いつでも可能ですが、現金の引き出しに関しては、ATMの稼働時間や手数料の違いなどもあるので事前に確認しましょう。

店舗型もネット型(無店舗型)も利用前は知恵袋や口コミの確認はしよう!

店舗型とネット型のどちらで現金化を行うにしても、優良店を見極めることが大切です。
そのためにも、利用前には知恵袋や口コミを確認してください。

ネット型は実態が掴みにくく、詐欺や悪質業者の可能性があるのが問題。
知恵袋や口コミをチェックすることで、優良店か見極める参考になります。

店舗型は普段からお店を目にしているので、何となく信頼してしまう人もいると思いますが、勝手な思い込みで優良店だと勘違いするのは危険です、。

店舗型に関しても、

  • 他より換金率が低い
  • スタッフの対応が悪い
  • 手続きが遅い(混んでいて間に合わない場合も)

など、利用して後悔する場合があるんです!

店舗がありスタッフが見えても、安心して油断しないこと。
ネット型はもちろん、店舗型でもあなたが満足できるサービスとは限りません。
あくまでも違うのは、悪質の度合いだけです。

トラブルを避けるなら、必ず優良店を選ぶ必要があります。
ネット型と店舗型のどちらでも、後悔する可能性はあるんです。
口コミなどの評判が確認できる情報源はたくさんあるので、利用前に必ず確認してくださいね。

クレジットカード現金化の口コミチェック方法

クレジットカード現金化業者の店舗型とネット型の違いでよくある質問

クレジットカード現金化業者を利用する際、店舗型とネット型の違いでよくある質問をまとめました。

夜間や休日でも利用できますか?
ネット型であれば夜間や休日でも利用可能です。
店舗型は、営業時間が決まっているので、店舗の営業時間内しか利用することができません。
しかし、ネット型はネット環境さえあれば、24時間ご自身の都合に合わせて利用することができます。
ネットで手続きが完了するため、時間や場所にとらわれず利用でき、1時間程度で手続きから入金までが完了します。
手間や時間をかけたくない方は、ネット型の利用がおすすめです。
家族にバレることはありますか?
店舗型の場合、お店に出向く必要があるので、出入りの際に見られてしまう危険性があります。
ネットの場合は、クレジットカードを現金化すること自体が原因で、家族にバレる可能性はとても低いです。
家族にバレてしまう原因としては、カード明細を確認した際に身に覚えのない決済履歴があることです。
クレジットカードの現金化は、現金化業者から商品を購入し、その特典として現金をキャッシュバックしてもらいます。
そのため、カード明細には決済履歴が残ります。
身に覚えのない決済履歴を確認した結果、現金化したことがバレてしまうというケースがとても多いです。
本人名義のクレジットカードを使用したり、ご家族がカードの明細を確認しないのであれば、家族にバレる可能性はとても低くなります。
店舗型を利用した場合もネット型を利用した場合も、店舗の出入りを見られること以外は家族にバレる可能性に大きな差はありません。
家族にバレたくない場合は、事前にリスクを把握して対策しておきましょう。
他に借金がある場合でも大丈夫ですか?
他に借金がある場合でも大丈夫です。
例えば、借金の返済のため、どうしても今すぐ現金が必要ということがあるかもしれません。
ローンを組んだり、キャッシングでは審査が必要となり、他に借金があると審査が通りにくくなってしまうこともあります。
しかし、クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用します。
そのため、クレジットカードのショッピング枠に利用残高があれば、誰でも利用することができ、使い道も自由です。
新たに審査を受ける必要もないので、他に借金があっても利用できます。

クレジットカード現金化業者の店舗型とネット型のまとめ

クレジットカード現金化業者の店舗型とネット型のまとめ

さ今回はクレジットカード現金化業者は店舗型とネット型どちらが良い?について以下のようにお伝えしました。

店舗型ネット型の特徴

  • カード利用停止リスクを低くしたいならネット型の利用がおすすめ
  • ネット型はネット環境があれば24時間いつでも利用可能
  • どちらも悪徳業者に騙されないために事前に実績や口コミを確認することが重要

クレジットカードの現金化を行いたい場合、スピード感を重視したい方が多い傾向にあります。

ネット環境さえあれば24時間いつでも手続き可能なネット型なら、手間や時間をかけずに効率良く利用できます。
しかし、ネット型は業者の実態を把握しにくいため、安心して手続きを行うためにも口コミや評判をしっかりと確認する必要があります。

ご自身の状況に応じて、希望条件と合う現金化業者を選択してくださいね。

  • この記事を書いた人

Ayane

子持ちアラサー主婦。パートだけでは家計が苦しいので副業を開始。 現在フリマアプリに挑戦中。 お金の知識は独学ですが、なるべく実践して再現性のあるものをまとめて紹介しています。 リアルではコミュ障。 書くことでわかりやすく伝えられればと思います。 お金に困ったときの対処法は自分でも実践したことのあるものです。